佛大数学 in たけゆき.じゃぱん

「演習」4科目

数学のネット履修→スクーリングの「代数学演習」「幾何学演習」「解析学演習」「確率論演習」について述べます。※09年度夏のスクーリングの情報です。その後変更になっている点もあるかもしれませんので、あくまで参考に。

 夏と冬の違いについて

夏はまとめて3日間×2サイクルで6日間受講できます。数学漬けの6日間。数学科とかにいない限り、人生の中でも初ではないでしょうか。

わたしは夏にとりました。

室内はクーラーも効いているので、熱くなく、かといって寒すぎず、安心してスクーリングを受けられました。

冬は週末や祝日を使ってのとびとびの受講になります。京都近辺に住んでいないと、ちょっときついかな〜 東京からだと交通費や宿泊料を考えると無理ですね。

 ネット履修について

「幾何」「解析」「確率」は、テキスト履修と同じ範囲の復習、代数学はテキスト履修で扱わない整数論の分野、という風になっていました。それぞれ8回の講義→小テスト→最終テストです。一回受けたら、あと何回でも見たり問題を解いたりできるので、復習もできます。

 スクーリングの先生について

夏に受けるか冬に受けるかによって、先生が違うことがあります。ネット履修で出てくる先生がスクーリング受け持たれる場合と、そうでない場合があります。

代数

ネット履修と同じ先生が担当。整数論から循環小数について。知的におもしろかったです。

幾何

09年度は、夏は、ネット履修とは違う先生でした。これも幾何というより、大学教養の「解析学」でやった「実数論」の範囲でした。冬はネット履修と同じ先生です。

解析

ネット履修と同じ先生が担当。2変数関数の微分・積分の計算が主でした。

確率

夏・冬共に、2週の先生を、いずれもネット履修とは違う別々の先生が受け持たれています。

 スクーリングの準備について

 事前にテキスト(プリント)が送られてくるものは、目を通しておいた方がいいと思います。プリントに書いてある問題に、事前に答えを用意しておくと、幸せになれることがあるかも知れません。(特に夏の幾何)

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン